飫肥せんべい

飫肥せんべい

飫肥の城下町で生まれた伝統の味

 旧伊東藩、五万一千八十石の城下町として栄えた日南市の飫肥は、九州の小京都と呼ばれているところです。

 そんな飫肥で生まれた飫肥せんべいの原材料は、もち米、砂糖と、添加物を一切使わずつくられており、昭和有余年から日南の銘菓として親しまれている伝統のあるお菓子です。

 外側は最中に似たパリッとした生地、中は砂糖蜜で張り合わせており、ふわっとした優しい口どけが特徴で、アレルギーのある方にも召し上がる事ができると喜ばれています。

商品一覧


準備中


ショッピングはこちら

コメントは受け付けていません。