びび天

びび天

bibitenびび天の材料は地場の物に拘り、添加物を一切試用せずに作られています。
原材料であるシーラ、ムロアジは地場である油津港で水揚げされた新鮮な魚を使用。
豆腐は仕込み当日の朝に出来た物を使用。

飫肥に伝わる天ぷらの歴史

bibifly江戸時代から飫肥地方に伝わる薩摩あげに似た揚げ物で味は薩摩揚げとは異なる。
飫肥藩時代、町人たちが雑魚を丸ごとすり身にした揚げ物を工夫したと言われている。
南西諸島からの移住者を中心に19世紀半ばにサトウキビの栽培が始まったことなどを背景に、黒砂糖を使う飫肥天が誕生したと考えられている。
すり身と豆腐を混ぜて、砂糖醤油に黒砂糖が入り少し甘め、一つ一つ手で型を取る事で厚みのある柔らかい食感と独特の味わい。

名前の由来

原材料に市場直送の新鮮な魚を使用しています。
宮崎県南部地方では、魚の事を方言で《びび》と呼ぶ所からこの名前をつけました。

コメントは受け付けていません。